醉心山根本店の歴史と、弊社のお酒の近年の受賞歴をご紹介します。
万延元年(1860年) 醉心山根本店創業。
明治中期 20数種あった銘柄を統一。「醉心」の誕生。
明治45(1912)年 第二回全国酒類品評会 1位受賞(大蔵省主催)。
大正3(1914)年 国税庁醸造試験所による全国蔵元の優良酵母分離において、
協会3号酵母が認められる。
大正8(1919)年 全国酒類品評会 第1位獲得。
大正10(1921)年 全国酒類品評会 第1位獲得。
大正13(1924)年 全国酒類品評会 第1位獲得。
※3回受賞の蔵元だけに贈られる、名誉賞もダブル受賞。
昭和初期 東京、大阪に支店を開設。
昭和31(1956)年 三代目蔵元が編み出した日本初の貯蔵方法「瓶囲い」をもとに
磨きをかけた、「ヤング醉心」を発売
平成12(2000)年 鷹ノ巣山山麓で超軟水「ブナのめぐみ」を掘り当てる