地域の環境
「酔心」のふるさと備後三原は、万葉の頃より酒の銘醸地と知られ、生保2年(1645年)の「毛吹草」には、加賀の菊酒、博多の練酒とともに、 備後の三原酒が名酒として紹介されています。
三原は瀬戸内海沿岸山陽側のほぼ中央に位置し、小早川隆景の築いた三原城の城下町として発達した町で、現在の人口は106,229人。
地域の歴史
三原は、古くから陸海交通の要地として知られ、平安時代には大陸文化の流入路となっていました。上記のように小早川隆景(毛利元就の三男)の築いた三原城の城下町として発達し、その後福島氏−浅野氏と引き継がれて新田開発によって今日の市域の基礎ができあがりました。  
三原の名所・旧跡
名所旧跡としては、永禄10年(1567年)に小早川隆景が築いた城で「浮城」「筆影山」・小早川春平が名僧・愚中禅師を迎えて開いた臨済宗沸通寺派大本山「沸通寺」などがあります。
トップページへ
株式会社 醉心山根本店 aaaaaaaaCopyright SUISHIN-YAMANE HONTEN Co., LTD. All Rights Reserved.